3種類の形が一般的

このコラムをシェアする

おすすめの形はどれなのか

丸みを帯びた形を、ラウンドと言います。
先が細くなっているのがテーパードで、平切りがシリンダーという形です。
これらが、一般的な歯ブラシの毛先の形だと言われています。
しっかり汚れを落としたい人は、ラウンドかシリンダーを選んでください。
その形が最も汚れを落としやすいと言われており、虫歯予防に効果的です。
歯を磨くのが苦手な人や、まだうまく歯を磨けない子供におすすめされています。

毛先が他のものよりも細いテーパードは、歯と歯茎の間や、歯と歯の間を磨きやすい特徴があります。
ですから虫歯よりも、歯周病対策に効果を発揮できるでしょう。
すでに歯茎が腫れていたり、出血が見られたりする人はテーパードの歯ブラシを使ってください。

いつでも歯を磨けるように

朝や夜は、自宅にいるので食後に歯を磨けると思います。
しかし昼食は会社にいたり外食をしたりと、自宅にいないことが多いです。
すると歯磨きができず、これまで怠っていた人がいるのではないでしょうか。
しかし歯磨きは、毎食後に行わなければいけません。
1回でも怠れると汚れがこびりついて、落とすのが難しくなります。

また口内環境が汚くなると、口臭の原因になることも忘れないでください。
そこでどこでも歯を磨けるように、歯磨きセットを持ち歩くのがおすすめです。
コンパクトな歯磨きセットが売られており、カバンに入れても邪魔になりません。
食事を終えたら、洗面所に行って歯を磨きましょう。
そのように、毎食後の歯磨きを習慣にしてください。