握りやすい歯ブラシ

このコラムをシェアする

小さいサイズの歯ブラシが良い

新しく歯ブラシを探す時は、ヘッドの大きさを確認してください。
ヘッドが大きいものは奥歯まで届かず、また細かい部分も磨けないのでおすすめできません。
できるだけ、ヘッドが小さい歯ブラシを選択してください。
特に女性や子供は口が小さいので、それに合わせてヘッドが小さい歯ブラシが必要です。

前歯は綺麗に磨けていても、奥歯が疎かになってしまう人が多いので注意しましょう。
気になった歯ブラシがあれば、使ってみるのが良い方法です。
すると、自分の口のサイズの合うのかわかります。
人から評判を聞いて歯ブラシを選択する人が見られますが、自分に合うかわかりません。
複数の歯ブラシを使って比較すると、最も自分に合うものが判明します。

持ち手も重要な部分

ドラッグストアやスーパーでよく見かける歯ブラシの持ち手は、ストレートで突起が付いていないものです。
しかし中には、奥歯を磨きやすいように少し曲がっている持ち手もあります。
実際に購入して握り、使いやすいと思ったらこれからも使い続けてください。
また歯ブラシは、消耗品だと理解しましょう。

ずっと同じ歯ブラシを使い続けていると衛生的に良くありませんし、毛先がボロボロになって汚れを落とせなくなります。
交換する目安は、1か月だと覚えておきましょう。
どんなに大事に使っていても、1か月が経過したら交換してください。
見た目はまだ綺麗でも、内部に汚れやバイ菌が溜まっている可能性があります。
そんな歯ブラシを使って、歯を磨かないでください。