歯ブラシを見直してみよう

このコラムをシェアする

柔らかい歯ブラシを使う

毛先が固い歯ブラシで磨くと、歯茎を傷つけたり擦り減ったりする危険性があります。
歯周病に繋がったり、知覚過敏の症状が発生したりするので固い歯ブラシは使わないでください。
歯や歯茎を守るために、柔らかい歯ブラシを選択してください。
ただ柔らかい歯ブラシは、毛先が固い歯ブラシに比べて汚れを落としにくくなっています。

ですから、5分ぐらい磨くだけでは意味がありません。
ゆっくりと、時間を掛けて磨いてください。
鏡を見て磨くと、どこを磨いたのか目で見て確認できます。
磨き残しが減るので、鏡を見ながら歯磨きに集中してください。
歯医者さんが勧めている歯ブラシを使って、常に口内環境を清潔に維持しましょう。
それが、病気の対策になります。

軽い力で磨くこと

例え柔らかい歯ブラシを使っていても、強い力を加えると歯や歯茎を傷つけてしまいます。
ですから、軽い力を入れるように意識してください。
その程度の力でも、汚れを落とすことができます。
歯が傷つくとバイ菌や汚れが侵入しますし、奥まで入り込むと普段の歯磨きでは落とせなくなります。
結果的にバイ菌や汚れが溜まって、病気になると覚えておきましょう。

歯ブラシを歯に当てた時に、背中側から見て毛先が広がっていないか確認してください。
背中側から毛先が広がって見えている場合は、余計な力が加わっていると判断できます。
そのまま歯磨きを続けると口内を傷つけるので、力を抑えてください。
正しい力加減にすることも、うまく歯を磨くコツです。